重曹の使い方 お洗濯&しみ抜き ecomoにお任せください!

快適!重曹で入浴剤
快適!重曹を使った入浴剤を紹介 重曹で温泉気分
200リットルの浴槽に対してのレシピ
重曹大さじ3杯、クエン酸小さじ2杯、グリセリン10cc、アルガンオイル5滴、お好みの精油2〜3滴
(温まりたい時)硫酸ナトリウム小さじ1杯を添加 
当店取扱のキトサンジェル10ccのみ入れて入浴しますと抜群の保湿が得られます
解説
 水道水の中にはカルシウムが入っていますが、殺菌のための塩素も入っており、この二つが化合して「塩化カルシウム」が生成さ
れております。この成分が入った水道水を入浴するため加温しますとカルシウムから塩素が離れ温水の中にある物質を酸化する働きが
あります。酸化により除菌・漂白作用として働くことはふきんなどを衛生的に保つためには向いた環境ですが、人体がそこに浸かると
皮膚へ刺激をしてしまいます。それでさら湯は、ピリピリとするわけです。また、カルシウムは金属ですので水道水には金属粉が入っ
ておりそれも刺激する原因となります。重曹を入れますと重曹のナトリウムが水道水の塩素と化合して塩になり安定化することで皮膚
を酸化することをしなくなります。また、カルシウムは、重曹の炭酸と結びつき炭酸カルシウムとなるとこれもまた刺激をしなくなり
ます。お風呂にお湯を注ぐ時、あらかじめ重曹を大さじ3杯入れておきますとこの反応が起り、さら湯でも柔らかい当たりのお湯とな
ります。重曹をベースに各種素材を入れて快適なバスタイムをお過ごしください。
トップへ
戻る

copyright(C) 2001-2017 ecomo all rights reserved.