重曹の使い方 お洗濯&しみ抜き ecomoにお任せください!

乳酸パワーで除臭・除菌・防カビ剤 タンガッタ TANGATTA
商品一覧注文&会員登録ページ
活している中で臭いの元の多くは、アンモニア臭と硫黄
温泉でおなじみの卵が腐った時の臭いでありましょう。
メーカーを通じて熊本大学にそれらがタンガッタで消えるメカニズムを紹介いただきました
アンモニアなどの窒素化合物はほとんどアルカリ性ですから、タンガッタの
有機酸(酸性)が作用し、中和作用を行うことで臭いを消してしまいます。
硫化化合物は分子間力の力で分子を結合安定させ嫌な臭いを抑えます。
いわゆる悪臭といわれるものは分子の形が不安定なものであり、
それが鼻の粘膜に付着することでイヤな臭いを認識するのですが
タンガッタをシュッと吹くことで、有機酸の分子が「イオン間相互作用」
「水素結合」により分子結合し安定化させることで臭いの発生を抑えます。
瞬間的に効果を発揮するのは中和作用であり
じわりと消臭するのが分子間力といったとこでしょうか。

「タンガッタ」の商品名の由来をメーカーに尋ねました。
驚いた時に使う熊本弁だそうです。「高い性能に驚いた」といったところでしょうか。

熊本県立大学
地域連携センター
共同開発

除臭・除菌・防カビ剤
TANGTTA タンガッタ
400mL入り 1,944円
商品重量 478g
タンガッタの使い方はこちらから
在庫:
数量:


TANGATTA タンガッタの成分
配合成分
内 容
有機酸オリゴマー
トウモロコシや穀物を発酵して精製したもの
発酵アルコール
発酵アルコール 焼酎の原料
グレープフルーツ種子 抽出物
グレープフルーツの種子から抽出したもの
これから注目される安全素材「乳酸」にご期待ください。

エタノールとの比較
分類
エタノール消毒液
タンガッタ
●タンガッタは持続性が高く使用回数が少なく経済的です。
●エタノールは揮発性が高く、噴霧時はその効力を発揮しますが、滅菌されたところでも乾
 燥後は改めて雑菌の繁殖が起こります。
●TANGATTAの有機酸オリゴマーは、揮発性が無いため噴霧後乾いてもその成分が付着しオ
 リゴマー被膜を形成するため持続力を発揮 します。オリゴマー被膜に湿気や温度など菌
 の繁殖条件が揃うとき有機酸オリゴマーはその条件下において加水分解を始めるので再度
 pH効力を発揮することで除菌と抗菌を兼ね備えた成分となります。そのため雑菌繁殖の制
 御となります。
●配合成分はすべて食品添加物ですので、食品に直接かかっても安心です。
●食器類にもご使用いただけます。
●拭き取りや水洗いも不要です。
●手荒れの心配はありません。
揮発性
引火性
有 15℃〜
臭い
弱酸性臭
人体への影響
有害
手荒れ
環境への影響
塗装剥離
腐食性
弱有
持続性

一般商品との比較
分類
一般商品
タンガッタ
配合成分
化学物質
食品及び食品添加物
消臭メカニズム
物理的消臭法
悪臭成分を包み込んでしまう物質を用いる消臭法である。
一つの消臭剤で複数の悪臭成分を同時に消臭出来るが、
特定の悪臭成分をピンポイントで消臭することは難しい悪
臭成分の再放出が起きやすい
感覚的消臭
強い芳香成分で悪臭をごまかすマスキング法
悪臭成分の化学成分を芳香成分に取り組むペアリング法
両方法ともに根本的な悪臭原因成分の消臭になっていない
化学的消去法 中和反応
悪臭成分と消臭成分との反応で無臭成分に変換する。選択性の高い
消臭が出来悪臭成分の再放出が起きにくいが一つの消臭剤で復習の
悪臭成分を同時に消臭することが難しい。
酸化反応
悪臭成分を酸化剤で無臭の酸化物に変換する。
生物的消臭法
生ごみなどを分解して悪臭成分を発生するバクテリアの繁殖を制御
して消臭する。悪臭発生バクテリアの増殖を他のバクテリアや抗菌
剤などで制御する。
芳香成分
人体への影響
有害
環境への影響
べたつきが残り汚れ付着の原因となる
イオン効果により汚れが付着しにくい
使い方のダウンロードはこちらから



戻る

copyright(C) 2001-2017 ecomo all rights reserved.